MENU

銀行系おまとめローンに総量規制は適用されるのか?

 

総量規制という法律は、消費者金融などでお金を借りたことがある人、あるいはこれから借りようと思っている人であれば名前を聞いたことがあるかと思います。
これは、消費者金融などからお金を借りる場合にその金額の「総額」を規制する法律です。

 

この法律で規制される対象となるのは消費者金融業者やクレジットカード業者などであり、銀行は規制の対象にはなっていません。
そのため、銀行でお金を借りる場合は、この総量規制の制限を受けることなく利用することができます。

 

もちろん銀行でおまとめローン目的で借りる場合も同様であり、総量規制の規定を心配することなく融資を申し込むことができます。
この総量規制という法律では、消費者金融などを利用してお金を借りる場合に「年収の3分の1」がその上限金額と定めています。
つまり、その金額を超えてお金を借りることはできないという規定であり、この法律がある関係から消費者金融ではあまり高額の融資を受けることができないという側面もあります。

 

先述の通り銀行では総量規制の規制対象ではありませんので、年収の3分の1を超えて融資を申し込むことは可能です。
おまとめローンのように、既存の借入をひとつにまとめる場合であっても総量規制の規制を受けることはありません。

 

ただし、おまとめローンという目的であれば消費者金融で融資を受ける場合であっても総量規制の対象外となります。
そもそもおまとめローンというものは、複数の業者からの借入をひとつにまとめる関係からどうしても高額の融資を受ける必要がありますが、その目的は「遊興費」や「生活費」などではなく「既存の借入の返済」にあります。

 

総量規制では、こうした「既存の返済目的」での借り換えは規制の対象外となりますので、消費者金融であってもおまとめローンの利用であれば年収の3分の1を超えて利用することができます。
銀行が消費者金融に比べてアドバンテージとなっている部分のひとつがこの総量規制にあります。
できるだけたくさんのお金を借りたいけれど年収の関係で無理だという人の場合、銀行を利用すれば借りられる可能性が出てくるのですが、それでもおまとめローンの場合はどこで借りても総量規制が適用されないことになります。

 

銀行でおまとめローンを借りるメリットは無いのかといえば、必ずしもそうとは言い切れません。

 

銀行でお金を借りる場合というのは、高い信頼性と安心感のもと利用することができます。
また、世間的なイメージについても消費者金融でお金を借りる場合に比べて銀行のほうが優れているのではないでしょうか。

 

ましてやおまとめローンともなれば、既にどこかからお金を借りている状態で融資を申し込むのですから、できるだけ安心できるところで借り換えた方が良いですね。
総量規制が適用されないならどこでおまとめローンを利用しても良いというわけではなく、貴重な借り換えのチャンスを最大限に活かせるような業者を選びたいところです。
おまとめローン 銀行系ならコチラ