銀行系 おまとめローン 審査 厳しい

MENU

銀行系のおまとめローンの審査は厳しいのか?

 

銀行や消費者金融などでお金を借りる場合、審査を受ける必要があります。
審査を行う目的としては、融資を行ったお金が無事に返済されるかどうかを確認するためのものであり、ここで返済能力に難ありと判断されてしまうと融資を受けることはできません。
この審査というものは、おまとめローンを利用する場合でも必ず受ける必要があります。

 

おまとめローンを利用する側からすれば、たとえば返済先をひとつにまとめたい、あるいは少しでも返済金額を減らしたいといった様々な目的で利用を検討するものです。
そのため、こうした目的を達成するにはまずは審査をクリアしなければなりません。

 

ここで気になるのが、審査の難易度です。

おまとめローンの利用先として人気が高いのは銀行です。
その理由は、低金利で利用できること、そして安心して借りることができるという点が考えられます。
しかし、そんな銀行でお金を借りる場合の審査は一般的には厳しいといわれています。
なぜ銀行の審査が厳しいのかといえば、その理由のひとつが先述の「低金利」にあります。

 

利息というものが金利によって計算されるのであれば、同じ金額を借りた場合でも金利が低い方がトータルで支払う利息も少なくなります。
少し違った言い方をすれば、業者が受け取る「利益」も少なくなりますので、できるだけ確実に返済が見込める相手でなければ融資をするべきではありません。
銀行の審査が厳しいと一般的にいわれる理由がこの低金利にあります。
これはおまとめローンを利用する場合でも同じであり、消費者金融で借りる場合に比べるとやはり審査が厳しいのが現状です。
特におまとめローンの場合、複数の借入をひとつにまとめる関係から通常の融資に比べると借入を受ける金額が高額になりますので、審査基準についてもそれに沿った内容で進められます。
やはり、銀行でおまとめローンを利用するのであれば、ある程度は審査が厳しいことが前提となることを考えておくべきでしょう。

 

融資を行う銀行によっても審査基準は多少異なります。

一概にどこが審査が厳しいかそうでないかは判断が難しいところですが、地方銀行よりは都市銀行の方が審査が厳しい傾向にあるようです。
この点については、銀行でお金を借りる場合のもうひとつのメリットである「安心感」が関係しており、大手都市銀行というネームバリューを利用するためには、やはり厳しめの審査をクリアする必要があるということかもしれません。
このように、おまとめローンに限らず銀行でお金を借りる場合はやはり審査が厳しいと考えておいた方が良いでしょう。

 

おまとめローンの利用は一種の「借り換え」ですので、借りる先についてはしっかりと吟味したいところです。
消費者金融に比べ低金利で借りられる反面、審査基準もハードルが高くなる傾向にある銀行は誰でも手軽に利用できる、とはいえないかもしれません。
銀行でおまとめローンの申し込みをするのであれば、事前に自身の状況を改めて調べておき、不備がないかしっかりと確認することが大切です.。
おまとめローン銀行系どれがいい?